終わっちゃいました。ね。

大入り満員の千秋楽。

お客様のやさしい笑顔と潤んだ瞳。

夕焼け。

穏やかな打ち上げ。

ちょっぴりの涙と、暖かいハグの嵐。

なんだろう・・・
こんな打ち上げはないなぁってくらい。
すてきなすてきな「終わり」でした。

『廃屋のビオトープ』
この物語は、嘘をつく人が出てきません。
みんな、不器用だけれど、正直に生きています。
でも、嘘がつけないから、失敗もし、傷つきもします。
そして・・・、そのセイで誰かを傷つけもします。

でも
でもね。
大好きな人の事を大切な人の事を
「心」に、しっかりと刻み込んでいる人達。

そんな人たちを、演じ終えた今。
なんだろう・・・
私の胸が、ホワリと染まっています。

でも、それは何色って、言葉では表せない色なの。

今回
私は、沢山の人に甘え、支えて貰いました。
芝居の仲間
友達
家族
そして、観てくださった、沢山のお客様。
本当にありがとうございます。
心から
心から

こんな私ですけど
これからもどうか、よろしく。

今度、会うときまでに、
えとね、えとね、
かみつく癖だけは直しておきます(笑)

それからね
えとね
えと
一瞬一瞬を正直に生きたい。
そして、それを
一緒に感じられる人と
これからも、出会っていきたい。

・・・なんて、贅沢かな。

ウゥゥゥゥ〜〜〜。
↑ピピとよしのり(金井さんが飼ってる犬。二匹?)
[PR]
by hagoromo1011 | 2005-11-22 15:00 | お芝居四方山
<< お友達たちの・・・嬉しい感想。 千秋楽行ってきます >>